スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yさんの地域生活

すっかり時間が空いてしまいました。

大雪山の更葉も見所が終わり、一気に裾野に広がっている感じです。先日の台風で近隣の山は既に雪の綿帽子をかぶっています。(※写真ぐらい載せろと云われそうですが.......)

先般、自活訓練事業の申請を退けられたYさんの地域生活は既にトレーニングホームで始まっています。70歳になるYさんですが、私が今の職場に着任した7年前の第一声が忘れられません。

「本当はここには居たくないんだ。いつもイライラしてしまう。ゆっくりしたいんだ」

同じような思いで長年入所を余儀なくされてきた同年代の方5人と始まったトレーニングホームでの生活。ご本人は「快適だ」と話されていますが、あとは地域との繋がりを徐々に深め、生活の基盤を施設ではなく自分の住居を中心に周囲の社会資源とフォーマルインフォーマルな福祉サービスやボランティアと繋がって本来の生活を取り戻してもらいたいと思います。

で、話題の某市との今後の遣り取りですが、

担当者の電話の話では十分に理解できないので、障がい福祉課長若しくは市長名で「なぜ、高齢者の自活訓練及び施設退所が認められないのか」を文書で回答するように求めることにしました。

さぁどんな遣り取りになるか。

スポンサーサイト
プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。