スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の介護~白内障の手術は?

今年80歳になる母親は長谷川式簡易スケールで中度の認知症。何かとトラブルの多い人だが昨年夏頃から“目が見えない”と訴える事が多くなり眼科を受診した。

1件目の個人病院では“白内障の症状が重いので手術が必要だが認知症の方には付き添いが必要”とのこと。2件目の総合病院では“白内障だが年齢(暗に認知症もあるのだしといった感じ)を考えれば無理に手術しなくてもいいのかもしれない。ご本人とよく相談して”とのことであった。

個人病院と総合病院の見解の違いに躊躇しつつも独居であることと認知に問題がることを考えれば当然視力を改善したほうがよいと判断し総合病院(完全看護で付き添いは不要)に2週間の予定で入院しすぐに片眼を手術した。ここで予期していなかったトラブルが発生。患部を無意識に触ってしまい術後管理が出来ない状況になった。担当医曰く“この状況では術後の回復に責任を持てなくなる。両眼の手術は見合わせましょう”
(ようは片眼だけでも現状を維持していたほうが良いとの判断)

眼科の手術のために痛みも殆どなく保護用眼帯の着用だけで安静にしているということが母親にとっては暇で仕方がないのか、または“どんなふうになっているのだろう”と云う単純な思いで気になってしまうようであった。

見えないということが及ぼす生活上の問題を考えると手術したほうがよいと考えたが、その後の管理を甘く見ていたことに我ながら愕然としてしまった。術後1~3ヶ月の管理が悪いと感染症発症で術前よりも視力が悪化することや眼内レンズの交換などのリスクが高くなるということを考えると、果たして今回の判断はどうだっったのか?

5日間入院し片眼の手術で退院してきた本人はと云うと“少し明るくなったねぇ”といたってご機嫌だが“もう片方はなぜしてくれない”と.......

説明(管理が悪いと両目がダメになる)は本人には理解できず“私はなんにも悪いことはしていないのに”と肩を落とす姿をみると、自分自身が余計に肩を落としてしまった。
スポンサーサイト

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。