スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深い悲しみ

今日の新聞に幸満ちゃん事件の経過が掲載されていた。
母親の言葉から深い悲しみと心痛が伝わってくる。

“クリスマスを一緒に過ごしたかった。幸はもう帰ってこない。”

容疑者には知的障がいがあるということをこの母も知っているのだろう。
この事件が起きた頃、新興住宅街のなかに自活訓練棟を設けた。利用している方の中には重度障がいで言葉の無い方もいる。幸いにして町内会長さんはいつも園の行事や障害者週間の記念行事に積極的に参加していただいており、入居している皆さんのことを分かってくれている。

しかし隣近所の住民の視線は未だに冷ややかさを感じることがある。まずは私たちが周囲の方々と日常的な関わりを持たなければならない。そしてご本人達の日常を少しずつ伝えていこうと思う。

報道の在り方、氾濫する情報、障がいに対する社会の認識............
考えてみなければならないことがたくさんある。

何よりも5年という短い時間で人生を終えてしまった幸満ちゃんに祈りを捧げよう。

祈り
スポンサーサイト

テーマ : 現場職員のぼやき・悩み
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。