スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繋ぐ役割

地域生活に移るためにトレーニングホームで生活をしているAさんが神妙な面持ちで私のところにやってきた。

“俺の話は聞けないんだと、担当職員から話すようにとさ”と突然困惑した表情を見せた。“なんの話なのか分からないんだけど、どうしたの”と聴き直してみると...........

Aさんが日中活動で参加している部署の就労支援担当者に“もっとちゃんとした仕事がしたいのでハローワークに登録してくれ”と直接訴えたところ、予期せぬことだったのか答えに窮したからなのか“そういうことは担当職員から云ってくるべきだ”というようなことを云ったらしい。おそらくこの職員は自分の役割を自覚していない(出来ない)ことと、もともとこのAさんが得意ではないことによる“拒否反応”と考えられるのだ。

本人がこれほど就労に対して意欲を示している時に“担当職員云々”などの手順を理由にして本人の意欲を削いでしまったことに何も感じるところがないのだろうか。ましてや就労支援担当であれば自ら積極的に関わっていかなければならない立場でも有るはずなのだが、この職員の支援者としての資質が疑われるような言動に呆れてしまった。

Aさんには“これまでの仕事の様子から行くと、改めて就職を考える事以外にも、日中の過ごし方を考え直してみる事も必要ではないか”と伝え、取りあえず来年の地域移行までに色々な方法を一緒に探っていくことを伝えた。

このAさん、実は対人面での問題や健康管理や食生活においてかなり課題を抱えていることも事実であり、あらゆる面で困難な局面を迎える可能性のある方でもある。そうなると、地域の人的資源や相談支援の在り方、地域のケアマネ体制を使うなどさまざまな支援の在り方を“繋ぐ”ことが重要になる。その一番はじめの窓口が“担当者から~”などと云っているようでは、地域生活に向けた支援は全く始まらない。

本当にこうした職員には頭が痛い・・・・・・
スポンサーサイト

テーマ : 福祉のお仕事
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。