スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行事について

日曜日、施設行事の運動会が無事に終わった。
児童施設と成人施設合同で30年以上続けられてきた入所施設ならではの“定番”行事のひとつだが、こうした企画もそろそろ考え直しても良いのではないかと思う。その一つが成人施設の利用者さんの高齢化。ここ数年の傾向だが運動会後の疲れの影響が大きい。

娯楽の機会が少なかった頃、地域行事であったり保護者との繋がりを確かめる機会として重要だったことは理解できるのだが、長年勤めている職員によると観客席の関係者も全盛期の3割程度ではないかと云う。

見せるための運動会として1週間近くも入場行進や整列の練習、総練習などもした時期もあったらしい。なかには“ある意味、その時間はグループワークの一つなんです”ともっともらしいことを云うスタッフもいるが、もっと当事者の現実を把握し当事者が“楽しむ”ための行事に変えていってはどうなのだろうか。

(準備のために公休や勤務外で一生懸命に労してくれた職員とボランティアに感謝。有り難う。)
スポンサーサイト

テーマ : 福祉のお仕事
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。