スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幹部研修会

昨日今日と協会主催の幹部研修会に参加してきた。

殆どが中堅幹部職員以上の少々堅苦しい雰囲気の研修会であったが、私にとっては懐かしい先輩や同期の仲間に会える良い機会でもあった。基調講演をしていただいたのは川崎医療福祉大学の岡田学長(※岡田先生にも自閉症の支援について10年以上前にかなりお世話になった。)で、一貫して自立支援法の制度的な欠陥を説かれていた。

やはり厚労省のキャリア官僚が福祉の現場を、特に知的障がいに関する現実を全く理解しないままに制度設計したということが伝えられていた。さらに“これかの現場が本当に当事者に求められる支援を提供できるようになるにはソーシャルワークの実践力を高めることかキーポイントになる”と力説されていた。

私は20年以上前から、施設職員は指導員や支援員としてのスタンスだけではなく、ソーシャルワーカーとしての役割を担う者がいなければ当事者の真の幸福追求は実現しないと言い続けてきた(※今から20年前の現場でソーシャルワークを云う言葉を使っても、誰1人反応する者はいなかったのだが.....)だけに、自分がこれまで信念としてきたことは間違いではなかったと云う確証が持てた。

せっかく、岡田先生がソーシャルワークの重要性を説いてくれたのだが、その後の鼎談や情報交換会で協会役員の重鎮である各施設長や役員の会話にソーシャルワークのソの字も語られなかったことがとても気になった。きっと諸先輩方は自分と云うキャラクターで組織が持っているという事実に危機感を感じていないからだと思う。スーパーマン的で個性豊かな管理者が一時代を築くことはあっても、それが引き継がれるべき組織の在り方や仕事の進め方として連綿と続くことはない。知識や価値、倫理観というものはある意味ではどの組織・機関であっても共通のスタンダードなものでなければならないはずである。

今回の研修で改めて確認したのは、“私が居るから”ではなく“私が居なくても”しっかりと仕事を進められる組織づくりしなければならないということだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。