スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます

横浜の研修で一息ついたのもつかの間、その後切れ間無くトラブルや課題難題を持ち込まれ、体も心もほぼ休息無しの年末であった。大晦日は当事者さん達の要望に応えて高齢者ケアホームの世話係を行った。Iさん曰く“若い人が来てもつまらんの。落ち着かないんだわ。ドングリでないとなんもしてくれないし”と。

クリスマス以降、連日の除排雪で体は悲鳴をあげていたがIさんTさんのもの悲しい顔を見せられると、もう動かないわけにはいかない。と云うことで31日も早朝から施設本体の外回りの排雪(※これがまた重機を入れられないため、ロータリー式の除雪機で1日がかりなのだ)を済ませてからケアホームの利用者5名を隣町の温泉に連れて行き、帰りに大晦日用の食材を買い込んで帰宅。休む間もなく年越しの準備(※都合8名分の食事を用意するのはさすがに大変)sさんが“今年もお世話になりました。では来年も良い年に”と乾杯をしてくれホッとしたのもつかの間、今日ぐらいは仕方がないなと1人で後片付けを済ませると既に元旦を迎えていた。2.3時間仮眠を取ってから朝食準備(※黒豆、かまぼこ、伊達巻き、雑煮、あぁ~誰か手伝ってくれぇ~)をしているとOさんが“ドングリドングリ、初日の出見に行こう”など.....ほぼお手上げ状態。

“元旦ぐらいはゆっくりと寝ていて良いから”と、私なりに策略を練っていたのだが皆さんいつものように“おはようさん”と元気に起床。食事後は“初詣にいこう”“初売りには行かないのか”“白鳥見に行くべ”など、この時と云わんばかりにリクエストの嵐、嵐、嵐であった。皆さんは昨日のお酒も手伝ってか各所の移動時に車の中で高いびきで、運転手にとってはまさに“正月早々からの地獄”であった。

 午後には私のエネルギーも全て使い果たしたため、本体施設の女性スタッフに応援を求めることに。すると全員彼女の元に去っていき手のひらを返したように“だから無理するなって云ったんだ”“そこで休んでて良いよ”と、使い捨てにされてしまった。

でも皆さん笑顔で新しい年を迎えられたことにホッとした。3月までに解決しなければならない課題が山積みになっているが、2.3日は何も考えずにいようと思っていたら早速携帯にヘルプコールが入った。(※そんなモンですね。私には休息は当分訪れそうにありません)

5日からまたいつもの生活が始まる。
皆さんも健康第一で新しい年も頑張りましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。