スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビデンス・ベースド・プラクティスですよ

木・金の2日間、サービス管理責任者研修を無事終了した。
演習の中で地域移行を目指す統失の方の個別支援計画を作成するというものがあった。参加していたメンバーの中には精神科のクリニックでSwrをしているとう方がおり、常にグループをリードして進めていたが、時折専門用語を使うのだが“アセスメントは大事なことは分かっている。それはエビデンス・ベースド・プログラムに基づいて..........”と云った具合に。

しかし“EBPのPはプログラムでなくてプラクティスじゃなかったですか”と、出来るだけその方を刺激しないように確認するのだが“いいえ、プログラムでよいのです”と譲らない。協議すべきは個別支援計画の作成にあるため、私もムキになっても仕方がないので“そうでしたっけ?”と言葉を濁したのだが........(※人に伝えるからには、科学的根拠が必要ですよ。それこそEBPです。)

何故か終始ハイテンションなその方の雰囲気にどうも馴染めないまま、その方の思いを纏めるような格好でグループワークを終えて個別支援計画が纏められたのだが、どうしても支援者中心のサービスあてがい計画になっていることに納得がいかず、“支援者のスタンスに立てばこの計画はある程度見通しが立てやすいのでしょうが、果たして当のご本人はこの計画で納得するでしょうかね。何処を見ても本人が頑張ろうとか、これは面白いというポイントが無いようですが......”と云ったところでタイムアウトになってしまった。

“最後に一つだけ加えませんか? ご本人(演習事例)が今一番気になっているのは彼女が出来たことなのだから、ここを何らかの形で計画に入れないとご本人のモチベーションは上がらないと思いますよ”と云うと、他のメンバーも“そこが一番のポイントだよね”と合意する意見が多かった。

結局、その方には私の云ったことの意味がきちんと伝わらなかったようでした。

ご本人が自分の生活や人生を考えるのに、他人の意見や考えだけで作られた支援内容をどう思うのか?失敗があっても多少の寄り道や回り道があっても納得出来るものでなければ、ご本人の生活にはならないと思うのですが、皆さんどう考えられますか?

問題や課題を解決していく過程での色々な出来事や体験がその方の人生としての重みや厚みをつけていくのだと思います。支援者側の理屈は確かに正論かもしれませんが、それが全てでも完全なものでもないと云うことを常に気持ちの何処かにおいて置きたいものです。その上で客観的に実証していくための情報と根拠を実践力のベースとしていきたいものです。

スポンサーサイト
プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。