スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障がい者が暮らしやすい地域づくり委員会

14圏域につくられる暮らしやすい地域づくり委員会に当事者のYさんの介助者という立場で参加してきた。
推進員の他に10名の委員が公募で選任されていたが、いつものように“我こそは障がい当事者の代弁者”と云う方が居られた。これまでに自分がしてきたことの自負もあるのであろうが、常に異彩を放つその容姿にはいつも違和感を感じる。語られていることは当事者の代弁ではなくその方の思いではないのか。まぁそれも委員の1人の意見として受け入れられるものなのだろうが.........

以前、障害程度区分認定の訪問調査に来たときの、その方の面談がどれだけいい加減だったかを思い出すと、我こそは代弁者というその語り口がいつも気になる。あの年代は確かにそういったカラーが強いのだろう。ということは、当事者も本当のことを云う前に彼らに圧倒されているというのが実状ではないのだろうか。

私が介助者として同席した当事者のYさんも“あの人はなんだか変わった感じの人だね。俺はああいう人は苦手だなぁ”と感想を述べていた。果たしてどのような人なのかはこれからの付き合いで分かるのかもしれない。
スポンサーサイト
プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。