スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域生活を阻むもの

先日、kさんと一緒にS市へ行った。

目的の一つは療育手帳の再判定。もう一つは今住んでいるケアホームを出てS市に転居したいと云う想いをご兄弟に伝えることだった。もともとkさんはS市に住んだことはないのだが、保護者(?)がお兄さんになっている関係でS市に住んでみたいとのことだった。

それ以前に、

今住んでいるケアホームの世話人とのトラブルやスタッフとの確執、就労支援事業所の仕事と賃金に対する不満、そうしたご本人の気持ちに何も応えられない支援者に対する不満etc..........

そこでS市で地域生活を直接間接にバックアップしている(※当然、生活全てにおいて)知人のところへ相談に行き“住む場所を選択することも当然の権利なのだから”と云われ、ご本人は完全にその気になっていたのだが...............

翌日、kさんのお兄さんのお宅へ行き、その経緯を伝えると、

“それはお前の我が儘だ、今までどんなに迷惑かけてきたのか考えろ!”と、呆気なく却下されてしまったのだ。この時点ではいくら説明しても納得してもらうことはできないと判断したため“まぁ今すぐにという事ではなく、これからそうしたことも考えて見たいと云うことです。実際にS市に来てもしっかりとサポートしてくれるスタッフは揃っているので、また改めてご相談させて下さい”と話して帰って来た。

kさんご本人は“ダメだと云われると思っていたよ、仕方ないよな”とかなり意気消沈してしまった。S市の知人も“焦らずもう少し時間をかけよう、それ以前にkさんを諦めさせないようにしよう”と云うことになった。

地域生活を阻むもの

kさんに限らず、まず一番最初にご本人の夢や希望を阻害するのは一番身近にいる者(時に支援者であり、時に家族であり、時に近隣住民であったり)だと云うこと。まぁ100%がそうでは無いのですが..........


スポンサーサイト

テーマ : 障害者の自立
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。