スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余計なことを言うな

“よけいなことを云うと自分に戻ってくるんだから、よく考えて行動しろってどういうこと?”

GHで生活しているkさんが悲壮な面持ちでやって来た。またまた地域支援のスタッフが絡んでいると直感した。“何があったの”と良く聴いてみると..........

数日前にkさんが私のところに来て“GHの世話人のおばさんが夜間支援に来る職員に私の気持ちだからといって、夕食のあまりご飯でおにぎりを作ったりうどんを作っている”と話してくれたことがあった。(※当然、本人は何か釈然としないことに思えたからだと思う)
すぐに地域支援のサービス管理責任者に“その行為は問題ではないか。食材費は当然利用者さんが負担しているものであって、厳密に云えば業務上横領と云われても仕方がないことであり、十分に注意すべきことだ”と話したところ、どうも世話人がいわゆる“逆ギレ”し、kさんに冷たく当たり、しかも仲裁すべき地域支援のスタッフ自体が“余計なことを云うな”と釘を刺したと云うことらしい。

世話人自体は何の専門性もなく当事者と関わっているのだから、これを機会にどのように支援すべきなのか、また支援者の責任と自覚を認識していってくれれば良いと思うのだが、問題なのは地域支援のスタッフである。サビ管にも事業所統括の課長にも“ことの問題性”を話したが、その後の反省よりもkさんに“逆ギレ”した対応をしたことで、kさんが不安になり“施設に戻りたい”と訴えるところまで追い込まれているのであれば、これは“虐待”ともいえるのではないか。

さっそく昨日“私に話してきたこと自体がSOSを出しているサインと確認できますので正式に苦情として受け付けます”と施設長に申し出た。

この件については絶対に曖昧に終わらせる事は出来ない。kさんの権利を守ると云うことに加え、当事者支援に真摯に取り組んでいるスタッフの為にも。
スポンサーサイト
プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。