スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施設の新体系移行

先日、某協会の特別研修に参加してきた。
テーマは“障がいのある人が安心して暮らせる地域をめざして”と題し、新体系移行後の施設から早急に改善が必要な課題や、地域間格差の問題、福祉施設に於ける労務管理や夜勤導入における課題であった。いずれの報告も“入所施設の存続に関わる大きな課題”として
・日額払いによる収入減
・事務量の増加
・相談支援体制の脆弱さ
・経営上の課題(人材育成と確保、質の高いサービスの提供、経営能力の向上)
などが切実に語られていた。

途中、ある参加者が“当事者の生活や人生を蔑ろにしてきた支援者の責任が問われる時”であり、“あらためて支援者が襟を正すべき時”と語っていた。その方は入所施設を解体し完全移行を遂げた自負があるためか常に雄弁であった。確かに障がいの軽重によらず全ての人が地域移行できることを実証されたのも事実である。しかしそれが全ての町村郡部に至るまで可能かと云えば極めて困難なことである。

法人の独自性と称して運営内容には殆ど触れられることなく会計上の監査を繰り返してきた行政の在り方や都市部と郡部での地域性の違いから“明らかに異なっていた”入所施設の設置目的など、自立支援法によって全て解決されるのかとても疑問の多いところでもある。今回同席していた某施設長の冴えない表情が何を物語って居たのか。その施設は措置時代に設置された授産施設で比較的障がいの軽度の利用者が入所していた施設である。障がい程度区分が1~2相当の利用者が殆どのその施設は否応なしに時期閉鎖を余儀なくされると思う。しかしその施設が設置された当時、行政はそうした当事者の人生や生活を法人に丸投げした責任をどう感じているのか。万が一、その方々が施設を退所して地域に還流したときに、どういった支援をしていこうと考えていたのか。

1ヶ月ほど前の事だが、人口約16万人ほど当市とは比較にならないほどの大都である某市の保健福祉部障がい担当者に“社会資源や相談支援の充実した出身地へ帰りたいと云っている利用者さんを受け入れる用意はありますか?”と相談を投げかけたところ“そういった人が地域でトラブルを起こしたときの受け皿がない。そちらで対処して欲しい。”といった回答であった。唖然とした私は“そちらの障害者福祉計画にも当然、数値目標があってその対象になっている方だと思いますがどのようなおつもりでの発言ですか”と問いただすと“その方自身を私は良く存じていないからです”とのこと。大都市の行政担当者がこんな調子では自立支援法も障害者計画もその実効性に大きな疑問を持ってしまうような出来事であった。

研修会の話題に戻って、“当事者のニーズに誠意を持って誠実に応えなければ、その方の人生遅れをつくってしまうことの責任を感じるべきだ”と語っていたシンポジストがいた。“新しい福祉を創造する時”と語られた司会者もいた。

障がいによっては日常生活を送ることさえ極めて困難な状況にある当事者が居ると云う事実も忘れてはならないことだと思う。それを踏まえたうえで入所施設の本来目的を確認し、規模の縮小や療育機能の専門化、地域支援の機関施設としての在り方などを確認することも必要ではないか。
まずはこれまでの漫然とした施設運営を脱却することをスタッフ全員が認識しなければならないであろうし、そこから踏み出せない職員は自ずと居場所や存在価値そのものを問われることになるのはそう先のことではないということを知るべきだと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 現場職員のぼやき・悩み
ジャンル : 福祉・ボランティア

誰が聴いてくれるの?

Aさんに引き続き、一緒にトレーニングホームで生活しているBさんまでもが私のところにやって来た。話の内容は“ハローワークから自分宛に手紙が来ていたが、就労支援担当の職員は何が書いてあるのか自分には見せてくれなかった”とのこと。さらに“これは担当職員に回しておくから”といって何も話をすることなく“あとは担当職員に聞いて”との受け答えであったらしい。

Bさんには“ハローワークに一緒に出かけたのは誰だったのか?”を聴いてみると、地域支援担当の職員とのこと。一体どうなっているのか?私にも全く理屈が理解できなかったので、就労支援の職員に聞いてみると“入所利用者の事なので、私の業務範疇外と判断しました。それが何か?”というような調子なのである。“君が就労支援事業所の利用者の支援を担うという一議的な目的があるのは理解できるが、在籍しない当事者の訴えかけには一切応じないと云うスタンスは支援者として如何なモノか”と話したが何も返答はなかった。

自分の責任、所掌業務、職務分掌と云うものが、悉く自分の都合で考えられているこの人物。Bさんがこの職員に“自分の話は誰が聴いてくれるの?”と問いかけると“それはあなたの担当職員”と答えたとのこと。このような人物が長年障がい当事者の“支援員”として在職しているこの“組織”に大きな問題があるのではないか。

Bさんの話を聴いた後、早速管理責任者にこのことを伝えたが、果たしてどのような指導がなされるのか。今日の運営会議が楽しみである。

テーマ : 現場職員のぼやき・悩み
ジャンル : 福祉・ボランティア

繋ぐ役割

地域生活に移るためにトレーニングホームで生活をしているAさんが神妙な面持ちで私のところにやってきた。

“俺の話は聞けないんだと、担当職員から話すようにとさ”と突然困惑した表情を見せた。“なんの話なのか分からないんだけど、どうしたの”と聴き直してみると...........

Aさんが日中活動で参加している部署の就労支援担当者に“もっとちゃんとした仕事がしたいのでハローワークに登録してくれ”と直接訴えたところ、予期せぬことだったのか答えに窮したからなのか“そういうことは担当職員から云ってくるべきだ”というようなことを云ったらしい。おそらくこの職員は自分の役割を自覚していない(出来ない)ことと、もともとこのAさんが得意ではないことによる“拒否反応”と考えられるのだ。

本人がこれほど就労に対して意欲を示している時に“担当職員云々”などの手順を理由にして本人の意欲を削いでしまったことに何も感じるところがないのだろうか。ましてや就労支援担当であれば自ら積極的に関わっていかなければならない立場でも有るはずなのだが、この職員の支援者としての資質が疑われるような言動に呆れてしまった。

Aさんには“これまでの仕事の様子から行くと、改めて就職を考える事以外にも、日中の過ごし方を考え直してみる事も必要ではないか”と伝え、取りあえず来年の地域移行までに色々な方法を一緒に探っていくことを伝えた。

このAさん、実は対人面での問題や健康管理や食生活においてかなり課題を抱えていることも事実であり、あらゆる面で困難な局面を迎える可能性のある方でもある。そうなると、地域の人的資源や相談支援の在り方、地域のケアマネ体制を使うなどさまざまな支援の在り方を“繋ぐ”ことが重要になる。その一番はじめの窓口が“担当者から~”などと云っているようでは、地域生活に向けた支援は全く始まらない。

本当にこうした職員には頭が痛い・・・・・・

テーマ : 福祉のお仕事
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。