スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三丁目食堂

札幌市にあった三丁目食堂(※現存しない)
住み込みで働いていた知的障がい者4人が、過酷な労働を強いられたうえ給与や障害者年金を横領されていた。(1日の労働時間は12時間以上、入浴も月に1.2回、布団は何年も交換されず十数年間歯磨きすらしていない人もいた.........)

当時の経営者のほか職親会や金融機関を相手取り、約4500万円の損害賠償を求めて札幌地裁で係争中の事件。4人は07年まで13~30年間三丁目食堂で働いたが、その間月給5万~5万5000円とされていたにもかかわらず一度も支給されていなかった。さらに当事者さんの障害基礎年金(4人で計2580万円)も受け取っていなかった。

ここまでを見れば横領や人権侵害、虐待といった側面から、事件の重大さがクローズアップされるが、踏み込んで考えなければならないのは、当事者の方々はその事実(財産搾取や虐待行為)すら問題(※自分たちの生存権そのものが脅かされている)と捉えられない状況にあったということ。

現在は他町のケアホームで暮らしている被害者の1人が語る三丁目食堂での出来事は、経営者の女性に連れられて“海水浴や水族館に行った”と云う楽しい思い出ばかりだと云う。

知的な障がい故に、ひどい扱いを受けたという認識がないという事実。入所施設での生活しか知らずに長い時間を過ごしてきた多くの方々も同じ状況にあると云える。

障がい当事者の権利擁護のシステムをどう構築するか。

入所施設ではオンブズパーソンの活用を積極的に行っている所もあるが、実際にはこの事件と同様に、権利侵害の客観的事実を顕在化できない場合が多いのではないのか。

施設生活とその対局に置かれる地域生活
何れに於いても障がい当事者に関わる支援者の“人”としての資質と人格が問われる。
スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

過ぎた時間

このGW明けから5人のメンバーで地域生活に向けた共同生活が始まる。

これまでに失った1人ひとりの時間や暮らしをどうやって取り戻すか。

過ぎた時間は戻らないが、これからの時を本当に大切に過ごしていけるように支えていきたいと思う。

テーマ : 障害者の自立
ジャンル : 福祉・ボランティア

スーパーバイザーとしての資質と資格

先週、旧知の大学教授から電話があった。
社福士の援助現場実習に関してのことだったが、話の内容を聞いて愕然としてしまった。

地元の児童施設を希望して事前実習に出かけたところ、そこの実習指導担当者(※当然、社福士資格は持っていないらしい)は受入を忘れていたうえに実習種別すら把握していなかったとのこと。

更に児童施設を希望して出かけている学生に対して“児童相談所に1週間行ってもいいんだよ”と、自らの指導責任を回避するかのような発言。極めつけは学生が実習課題を伝えようとすると“あっそ”との一言で終わり、1週間の事前訪問が殆ど施設内の掃除や雑務で終わったと学生は落胆していたのだと...........

ここで問題なのは
なぜそのような(実習マネジメントが出来ない)人物が実習指導の責任を負っているのか?
その施設=組織としての認識はどうなっているのか?

指導者として不適切な言動や行動をとる一職員の存在によって、その施設自体の社会的評価や信用がどれほど低下するかを考えたことがあるのだろうか?

“もし、学生がもう一度実習先を考え直しても良いなら私に指導させてください”と伝えた後、その指導者なる職員がどんな態度で学生に接しているのかを想像し、とても腹立たしく怒りさえ感じるものであった。

テーマ : 現場職員のぼやき・悩み
ジャンル : 福祉・ボランティア

人 ひと 

昨日、尊敬していた先輩の訃報を伝えられた。

その風貌から伝わるのはまさに“威風堂々”
障がい当事者の人権と福祉を守るには“入所施設なんかいらない”と
障がい当事者の不利益に対して全身全霊で立ち向かっていた方だった。

“人は人と一緒に居なければ生きていけない”と云われた方がいたが
この先輩はまさにそれを日常の生活のなかで実践されていた方であった。

一言 残念でならない。
氏の意志を受け継いでいけるように............

テーマ : 障害者の自立
ジャンル : 福祉・ボランティア

考:自立支援審査会

つい先ほど市の自立支援審査会が終わった。

審査会を通じていつも思うことは
“本人主体”と云いながらも、人ひとりの生活が他者の判断に大きく委ねられてしまうという理不尽さ。

障がい程度区分(※この言葉そのものが無機質で事務的に感じる)を他人が決め、その区分に応じて限られたサービスを選択する。“QOLの向上”や“主体性の尊重”を支援すると云う理念と現実とのギャップに翻弄されるのは結局は障がい当事者ではないか!!!

なかには“権利”のみを主張し、必要以上のサービスを“もらえるモノなら貰っておこう”とばかりにサービスの支給量を200%近くも要求する当事者が居ると云う事実もあるのだが........

テーマ : 障害者の自立
ジャンル : 福祉・ボランティア

新年度

3月末から先週末までに課の職員1人ひとりと面談した。
これまでの仕事に対するそれぞれの姿勢や行動に対する簡単なアドバイス、それに新年度に向けて個々人にして欲しいことや期待していることを伝えようとしてのことなのだが、果たしてその真意を組んでくれる人はどれぐらいになるだろうか................

時間が経つのはとても早いということ。
つまり何もしなければ周りから取り残されていくと云うこと。
改善すべきは自分自身であり、組織全体の意識であり、
何よりも変えなければならないのは
一部職員の慢心によって崩れていく本来業務への姿勢ではないか。
(眼前に居る1人ひとりの当事者さんへの具体的な支援の展開)

テーマ : 現場職員のぼやき・悩み
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。