スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当事者さんのこと②

今日、某市で開催された障害者の地域生活説明会に参加してきた。

実は当事者さんの体験発表のフォローという立場での参加。会場には130名以上の参加者でいっぱいだったが、ご本人は至って冷静で“緊張はない”とニコニコしていた。
“それを10年前に云っていたらきっとパイオニアだったろうに”と思うような(※講師の先生ごめんなさい)万人向けの基調講演のあと、約15分ほどの時間を頂きご本人のグループホームで生活体験の発表があった。

 当然ご本人は大満足で“たくさん拍手もらったなぁ”とご満悦であった。最後に何か一言と云われて答えたのは“グループホームを自分で建てて友達に使ってもらって家賃をもらって結婚してと、そんな将来を考えてみたい”と自分の言葉でしっかりと伝えていた。その話を聴いていたフロアーからはどっと笑い声が上がり和やかなうちに説明会が終了した。

笑いを誘った〆の挨拶で本人が本当に話したかったこと、伝えようとしたことが果たしてどれぐらいの人に想像できたのか?

単純に“結婚したい”とか“自分のグループホームが欲しい”という将来の夢のことを話したかったのではない。本当は“今”抱えている本人の悩みを彼なりの表現で伝えようとしていたことなのだが........

帰り道で
“今日の話、ちゃんと分かってくれた人いるかなぁ”.....と私
“どうかぁ、でもこんなときでないと自分の気持ち話せないし良い日でした”.....と彼

彼が伝えたかったのは、体が元気なうちに後々困らないように住むところや支えてくれる仲間や人(結婚=身近に良き理解者が欲しい)、それに生活できるだけのお金をどうやって作っていくかを漠然と考えているということなのだった.........

“カップ麺が88円の店があったよ”と伝えると“そこに寄ってから帰ろうよ”と云われ、来た道を2人で戻りながら、今日の会場にいたたくさんの人たちの顔を思い返していた。

スポンサーサイト

テーマ : 現場職員のぼやき・悩み
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

どんぐり隊長

Author:どんぐり隊長
知的障がいの方の入所施設に勤めてはや20数年。入所型施設の意義は?あるべき姿は?施設に求められているものはなにか?職員(支援者)の存在価値や倫理は?を常に自問自答しつつ、日々の仕事で感じたことを平易に書き連ねてみたいと思っています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。